×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

調理師の資格について

調理師とは・・・

「調理師」とは、調理師の名称を用いて調理の業務に従事することができる者として、都道府県知事の免許を受けた者をいいます。(調理師法第2条)

また、「調理師でなければ、調理師又はこれに紛らわしい名称を用いてはならない」と規定されています。(調理師法第8条)

したがって、調理師免許がなければ「調理師」の名称を用いることはできません。

「調理師」は、調理技術と、食品の栄養、衛生、適切な調理法といった関連分野の幅広い知識を活かし、安全でおいしい料理を提供する調理のプロです。
調理長などの現場責任者になれば、メニューを作ったり、スタッフの管理、資金面の管理も行うことになります。

仕事の適性、活かせる才能は?

料理を作ることが好きで、味を追究したり、新たな料理を作り出したりと、向上心のある人に向いていると言われています。
長時間にわたり大量の調理をするので、体力も必要です。
また、手先の器用さや、美しく盛りつける美的感覚も求められるのが調理師です。
もし将来自分でお店をもつ場合には、メニュー作りはもちろん、お店の雰囲気作り、出店計画と言った経営ノウハウも必要となってきます。

<< ひとつ前のページに戻る

調理師資格取得に関する情報はこちらのページもオススメです!
調理師資格の情報はもちろん、稼げる度や受験資格、資格取得期間の目安、スクール情報や通信講座情報、資格団体名など、調理師資格の知りたい情報が多数掲載されています。
調理師資格情報

▲ ページトップ

スポンサードリンク